あけぼの日記~あなかしこ~

『あけぼの』・・・某有名元横綱を思い浮かべる人も多いと思いますが・・・辞書を引くと「新しいことの始まりの時」とあります。 何事にも明るく前向きに・・・との思いからつけました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

空手の大会・・・

長男ちぃが

空手の大会に参加しました☆



空手大会



・・・もちろん結果は散々でしたけどね(泣)


いい経験になったと思います。


道場の上級生が自分より体が大きな人に立ち向かい、

勝った姿にはとても感動していました☆









最近、同級生と練習中に遊んでいて

道場の先生にど叱られたことがありました。

私は仕事で迎えに行けず旦那さんが迎えに行っていて、

直接その先生から指導されることは無かったらしいのですが、


(ちぃから先生に叱られたことは聞きました・・・)


もう一方の保護者さんが注意を受けたようで・・・


次の週に旦那さんが迎えに行った時にその方に


「先週こういうことがありました。

ちぃ君のお母さんのほうからも

遊ばないように注意するよう言っておいてください。」


と言われたそうです・・・


旦那さんとしては

「まるでウチの子が悪いっていう言い方だった」

と、腹が立ったようなのですが・・・


ちぃよりもその子のほうが級が少しだけ上・・・


「足を引っ張るな」
ということだったのか、


「お母さんが来ていなかったから私だけ怒られた」
ということだったのか・・・



ちぃとしては

「遊びに誘うのは向こう。」

「俺だけが悪いのか?」

という気持ちになったようで・・・


「ちぃだけが悪いわけじゃないけど、

一緒に遊んだんだちぃも悪いんだよ」

という話をし、

空手に行かせているのは遊ぶためじゃないことを伝えました。




まだ小学2年生・・・

遊びたい盛りで、集中力もない・・・


繰り返し伝えていくしか方法は無いと思いますが・・・



次の練習に私が迎えに行くと

例の子はやはりウチの子にちょっかいをかけてきていました・・・

(腹を殴るとか・・・)


けれど、


ちぃはその誘いに乗らず知らん顔をしていました。


「今日はえらかったね。これで少し大人になれたかな?

・・・でも、彼と遊んではいけないわけじゃないよ。

同級生なんだから遊んでもいい・・・

ただ、練習中は稽古に集中してほしいからダメだよ」


と、もう一度伝えました。



その日、彼のお母さんからもう一度

叱られた日のことを言われましたが、

まぁ、しょうがないかなと思っています・・・



親が子どもにして欲しいと思ってやらせている習いごとでは、

子ども自身のやる気がなかなか起きない事態がほとんどではないでしょうか・・・


どうしてそれをして欲しいと思っているのか、

何故それが必要なのかを繰り返し伝えていく・・・

褒めたり諭したりしながら

一緒にやっていくしかないんでしょうね。



ちぃも私もいい経験となりました☆
スポンサーサイト

テーマ:育児・子育て - ジャンル:日記

私の子育て論 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<リレーの選手☆ | HOME | ゆめぎんが~佐賀宇宙科学館へまた行く☆>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。